専門学校 東京国際ビジネスカレッジ 福岡校 公式ブログ

2017年4月、新クラス、International Trade Course English Section開講! ※留学生受入

専門学校のメリット

進路を検討中の留学生のみなさんの中には、おそらく
大学と専門学校とどちらに行くか
を考えている人がいるのではないでしょうか。

さらには、大学と専門学校の何が違うか
がよくわからないという人もいるかもしれませんね。
そこで今回はまず、大学と専門学校の違いについてお話ししたいと思います。

以下、最もわかりやすい大学と専門学校の違いをいくつか挙げてみます。

<大学>
・4年
・卒業したら「学士」の称号が得られる
・学問、知識重視

<専門学校>
・2年
・卒業したら「専門士」の称号が得られる
・実践、技術重視

このように、大学と専門学校は基本的に異なるものです。

では、専門学校で勉強することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは上の特徴にもある、実践、技術重視という点が挙げられます。
社会で役立つスキルを身につけるための実践的な授業や実習が
カリキュラムに組み込まれているのが専門学校なのです。
そして、これが資格取得に強い、就職率が高いなどの
特徴につながる、というわけです。

留学生のみなさんと話をしていると、「将来は日本で働きたい!」という人が
たくさんいますが、留学生にとって就職は簡単ではありません。
当然、「日本語ができる」だけでは就職はできません。
専門学校を卒業する学生であれば、日本語能力試験N1レベルの日本語力は
当然と考えるべきでしょう。
では、就職するためには他に何が必要なのでしょうか。
答えは・・・資格です。

例えば、このブログで紹介した日商簿記は会計や財務に関する技能があることの
証明になりますし、ITパスポートはITに関する知識があることの証明になります。
日本語力+資格、これが就職のポイントです。

専門学校に通う2年間で、このような資格をひとつでも多く取得しておくことが、
卒業後の希望進路の達成には大変重要です。
夢の実現に何が必要かをしっかり考えて、計画的な学生生活を送りましょう!
スポンサーサイト
  1. 2011/11/22(火) 17:20:51|
  2. 専門学校について
友だち追加

FC2Ad